岡谷市,歯医者,大滝歯科医院,母子感染

こんにちは。

岡谷市の歯医者大滝歯科医院です。

前回は

  • 虫歯菌がお母さんを通じて乳幼児に感染ってしまう
  • 3歳までのケアがその後の虫歯にかかる確率を決める

というお話しをしました。

意外な事実に驚いた方も多いのではないでしょうか?

 

今回は<具体的に母子感染を防ぐのにはどんな事に注意を払うべきか>

についてお話したいと思います。

乳幼児のお子様が家庭内にいらっしゃる方は参考にしてみてください。

 

ポイント1:乳幼児に口移しで食べ物を与える事を避ける

虫歯の原因となるミュータンス菌。

このミュータンス菌、実は日本人の9割が感染しているといわれています。

生まれたばかりの赤ちゃんはミュータンス菌をもっていませんが、一番の感染経路になってしまうのが「お母さんなど周囲の人」なのです。

特にリスクが高いのが口移しでものを与える事

食べ物と一緒に直接口の中に菌が入ってしまいます。

 

「食べ物を喉に詰まらせてしまっては大変」

と心配して口移しをしてあげたくなる気持ちはわかりますが、なるべく調理段階で食べ物を細かくし食べさせてあげることをおすすめします。

 

ポイント2:周囲の人がフッ素入り歯磨き剤で一日3回歯磨きをする

口移しと同様に乳幼児の近くにいる方は、お子さんと口同士が触れる機会がありますよね?かわいいあまりにそうしてしまうのも親心です。

ただ、そうした折にもミュータンス菌が感染ってしまう可能性はないとは言えません。

 

そこで歯磨きの際には、フッ素入りの歯磨き剤を使うことをおすすめします。

歯磨きの後に口の中に残ったフッ素が菌の繁殖を抑制してくれる働きがあるのです。

 

ちょっとした心配りが、お子さんの将来の虫歯予防に繋がっていきます。

歯磨き粉の選び方について詳しく知りたい方はお気軽にご質問くださいね。